タイリクバラタナゴとモツゴ(クチボソ)

今回は一昨日の魚捕りによって、
川魚水槽の新たな仲間になったモツゴ(クチボソ)と
タイリクバラタナゴについて少し書きたいと思います。

水槽に移したばかりのモツゴ↓↓

モツゴ

しばらくはほとんど動かない状態でした。

モツゴ

環境が急激に変わったことにより、
体の模様が消えてしまいました。

これだけ見ると、モツゴではなく
ウシモツゴに見えるかもしれません。

しばらく経ったら本来のモツゴの
模様が薄っすらですが戻っていました。

モツゴ

これからムギツクとの
クチボソコンビ?が楽しみです。

こちらは水槽に移したばかりの
タイリクバラタナゴ(雌)となります↓↓

タイバラ(雌)とカジカ

カジカが興味津々(笑

こちらもモツゴと同じく、
しばらく隅っこでじっとしていました。

実はこの後、このカジカに
食べられそうになりました!

体の半分がカジカの口の中に入りましたが、
慌てて吐き出させました。

どうせ、大きすぎて飲み込めないし、
下手したら喉に詰まって共倒れ^^;
(画像を見るとロックオンの顔になってますね(汗))

それにしても、このタナゴよりもずっと小さい
ムギツクでも5匹とも健在なのに・・・

よっぽどタイバラが動かなかったから
「喰える」と思ったんでしょう(笑

でかカジカならまだしも、
ちびカジカが食べようとするとは!!

タイリクバラタナゴ(雌)

鱗が少し落ちてしまいましたが無事でなにより。

タナゴは派手な婚姻色が
人気の理由だと思いますが、
私は婚姻色が出ていないほうが好みです。

タイリクバラタナゴ

もちろん、婚姻色も綺麗で良いのですが。

タイリクバラタナゴ

ピントが合わない(汗

とにかくタイバラ君の雄は動きお止めない!
少しでいいから止まってくれ^^;

タイバラ

タイバラ(オス)

タイバラ ムギツク

 モツゴもタイバラもお気に入りのエリアは
水草のあるところのようです。
(写真を撮ろうとした時は別の所にいました)

当たり前ですが、同じ日本の淡水魚でも、
魚種によって生態や生息地は変わってきます。

それを1つの水槽で飼育しようってんだから^^;(自分のこと)

水槽風景

もう少し水草を増やそうかな・・・

この画像だけでも、実は
7種類の日本淡水魚が写っています。

クリックで画像を拡大して探してみてください^^

1種は重複していて、
2種は体の一部しか写っていません^^;

このブログの過去記事を見れば分かるかも!?

問題が生じたらタイバラ達は
別の水槽に移そうと思います。

幸い、以前のエビ水槽が空いているので、
移そうと思えば移すことができます。

ただ、今は混泳の限界にチャレンジしたい(笑

モツゴ、タイバラ、モロコ

水槽を眺めていると時間を忘れます。
癒しの魚達です^^

“タイリクバラタナゴとモツゴ(クチボソ)” への5件のフィードバック

  1. うちの60cm水槽で弱った小さめのタイバラがいたんですが、それを
    デカアブラハヤがくわえてしまい、しかし飲み込めずただイジメてる
    だけの状態になってしまったので無理矢理離して、その後そのタイバラ
    をカジカにあげました (^_^;)
    美味しそうに飲み込んでましたよ。

    • レギー より:

      アブラハヤ、体高のあるタナゴまで
      食べようとするんですね^^;

      うちのカジカは、これまで
      大きめのクリルをのどにつめて
      苦しそうにしていたことが何度もありました。
      (最終的にはいつも吐き出します)

      肉食魚はエサをのどに詰めて☆になる
      ケースがあるようなので少し注意しています^^;

      うちのカジカもそれくらい
      たくましければよいのですが(笑

      • けい より:

        クチボソはカブトエビの餌を食べますか?

        餌は何をやっていますか?

        どうやって捕まえていますか?

        • レギー より:

          > けいさん

          返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

          今頃お答えしても遅いとは思いますが、

          > クチボソはカブトエビの餌を食べますか?

          カブトエビのエサを与えたことは無いので何とも言えませんが、
          人工飼料を含めて特にエサを選ばないイメージです。

          私は冷凍アカムシ、川魚フード、メダカのエサなど、
          その時々によっていろんなエサを与えていました。
          (現在は落ちてしまいもう水槽にはクチボソはいません)

          > どうやって捕まえていますか?

          川でガサガサするとけっこう簡単に網に入ります。
          もちろん、その川にクチボソがいればですが。

          私のイメージでは小川や用水路に多いような気がします。

          というより、捕まえやすいですね。

          移植により日本全国に分布してるみたいです。
          下流域の川を探してみると良いと思います。

  2. 生きている魚をうまいことカメラに収める必殺技をお伝えします。

    カメラのモード選択で「スポーツ」にすればいいのです。

    そうすれば動き回るお魚もたいていはピントが合います。

    さすがに動き回っているときには厳しいでしょうが・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ管理人

レギー

管理人のレギーです^^

アクアリウムや釣りが趣味です!

ブログランキング

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ